派遣社員はいつまで食っていける?

派遣社員という雇用形態があります。雇用先と一定期間の雇用契約を結んで長期での雇用の場合、更新をすれば同じ職場で働く事が可能です。しかし、業種によっては期間従業員のように2年11か月まで雇用継続が可能だったりと同じ職場で働くにあたっては期間の制限があるケースもあります。当然ですが、自分が働きたいと思っていても企業側が契約満了とすれば派遣社員として同じ職場で引き続き働く事はできません。
不安定な雇用形態がデメリットでもある派遣社員で働く人は何故働くかというと、正社員とパートやアルバイトにない魅力もあります。正社員のように転勤や異動の辞令がない為、契約した職場で安定して働く事が出来るという点では異動や転勤を好まない人には向いているでしょう。また、条件を自分の理想に近い形で探せるので仕事に対してこだわりを持って探す事が出来ます。アルバイトやパートよりは時給が良い為、短期間でも稼ぎやすいといった点もあります。
しかし、派遣社員はいつまで不自由なく暮らしていけるのかというと、生涯派遣社員として働く事は出来ます。能力さえあれば、どこの企業も手が出るほど欲しい人材になるでしょう。基準を満たせば厚生年金にも入れるので定年後も安心ではあります。正社員と違う点はボーナスや退職金がない事や必ずしもブランクが空かずにどこかに派遣され続けるには並大抵の努力では難しい部分でもあります。どんなに優秀な成績を残している人でも企業の経営が上手くいかない場合、すぐに人件費を削る為に契約満了の対象になりやすいです。金銭面においても正社員よりは貰える額が少ない分、働けなくなった場合や将来に備えなければならない不安がいつまでも付きまとうでしょう。